週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 出国 造られた工作員 母国も家族も分断された男 孤独な闘いに歴史の悲劇を見る=寺脇研

     

    1986年、一人の北朝鮮「スパイ」が西ドイツ当局に拘束される。実は彼は「造られたスパイ」なのだった。もともとが、軍事政権に反対して国を追われ西ドイツ亡命中の韓国人経済学者であり、北に対して親近感を持ってはいたのだろう。東西冷戦下のベルリンで、北朝鮮の意を受けた先輩学者の甘言に乗せられ、ピョンヤンの大学教授になれると信じて家族ぐるみ北へ渡航したが、与えられた職は工作員だったのである。

     騙(だま)されただけでなく北朝鮮社会の過酷な現実を知って過ちに気づいた主人公は、面従腹背(めんじゅうふくはい)して厳しい訓練に励み一人前に育った後、スパイとして西ドイツ潜入の命を受ける。そして赴任する途中、乗り換えのコペンハーゲン空港で見張りの目を逃れ脱出し西側に保護を求めたわけだ。しかし、同行していた妻と次女は空港で逃げ損ねて北のエージェントに囚われており、長女だけを辛うじて連れてくることがで…

    残り754文字(全文1147文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット