教養・歴史書評

華やかな加藤登紀子さんの「一言」にぶん殴られる=孫崎享

     加藤登紀子氏は、(1)1943年生まれ、(2)出生地は満州、(3)引き揚げ者、(4)出身大学が同じ──と、私とこれだけの共通点がある。私はソ連に5年勤務したが、加藤氏も、もともとソ連の歌手、アーラ・プガチョワの持ち歌「百万本のバラ」を日本語で歌ってヒットさせたように、ソ連と関わりがある。こうなると当然、彼女に対して関心が出てくる。

     私は「孫崎享チャネル」と名付けてささやかな動画発信をしているが、なんと加藤氏がこの番組に出演したのである。しかも、3曲も歌ってくれた。その年末に彼女の「ほろ酔いコンサート」を聴きにいき、打ち上げに出かけたら、篠原浩一郎氏がいる。篠原氏は全学連の闘士である。私が『戦後史の正体』で安保闘争を書いたことから知り合いになった。加藤氏と共通の話題は山のようにある。その後は会えていないが、加藤氏の『自分から…

    残り958文字(全文1325文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット