国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

揺らぐ香港の「1国2制度」 「大湾区構想」に暗雲漂う=岩下祐一

    深圳対岸にある香港の落馬洲(写真奥)では「深港創新・科技園」の建設が進む(筆者撮影)
    深圳対岸にある香港の落馬洲(写真奥)では「深港創新・科技園」の建設が進む(筆者撮影)

    「逃亡犯条例」の改正案をめぐる香港の混乱は、広東省・香港・マカオを一大経済圏とする「大湾区(グレーターベイエリア)」構想が本格的に動き始めた直後に起こった。混乱が長引けば、香港の将来にとって重要な同構想が頓挫し、香港経済が中長期的に低迷する可能性もある。

     同構想は香港、マカオ、広州、深センなどの各都市が連携し、2022年までにニューヨークや東京に並ぶ世界的ベイエリアの基礎を作り、35年に完成させる計画。すでに18年9月、広東省と香港を結ぶ高速鉄道が開業、翌10月には広東省と香港、マカオを結ぶ世界最長の「港珠澳大橋」(約55キロ)が完成している。中国政府は今年2月に計画綱要を発表し、香港政府も日本など海外でのプレゼンテーションを始めていた。

     香港経済は1997年の中国返還後、アジア通貨危機にITバブル崩壊、新型肺炎(SARS)騒動が重なり停滞。だが04年以降、渡航規制の緩和による中国人観光客の急拡大と、中国企業の香港市場への新規株式公開(IPO)ラッシュをカンフル剤に復活する。一方、中国の高度経済成長を背景に、かつて強みだった海運は、上海や寧波などの都市に追い越された。残された優位性は金融と空輸だが、いずれも中国企業が猛追し安泰では…

    残り768文字(全文1291文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット