国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

外資規制の緩和ににじむ米中摩擦激化への危機感=神宮健

    中国撤退を決めた仏スーパーのカルフール。日本の高島屋など外資流通産業の撤退が続く(Bloomberg)
    中国撤退を決めた仏スーパーのカルフール。日本の高島屋など外資流通産業の撤退が続く(Bloomberg)

     中国政府は最近、外資の出資規制緩和など「対外開放の加速」を前面に打ち出している。

     習近平国家主席は6月28日に大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、「対外開放の新たな局面の形成を加速する」と発言。(1)さらなる市場開放、(2)輸入の積極的拡大、(3)ビジネス環境の改善継続、(4)(外資に対する)平等待遇の全面的実施、(5)経済貿易協議の推進──の措置を取るとした。

     直後の6月30日には国家発展改革委員会と商務部が、サービス業(交通運輸、インフラ施設、文化、通信)、農業、採鉱業、製造業で外資規制を緩和すると明らかにした。この日公表した、外資企業による投資を制限・禁止する分野を示した「ネガティブリスト」の2019年版では、18年版に比べて制限事項が48項目から40項目に縮小。例えば、人口50万人以上の都市でのガス管・熱水管網の建設や、中国内でのマルチ通信、デー…

    残り948文字(全文1340文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事