国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

「習1強」の“参謀”王滬寧氏 内憂外患で強める対外強硬政策=金子秀敏

    習近平政権の「新権威主義」を支えるブレーン、王滬寧氏(左から2人目)
    習近平政権の「新権威主義」を支えるブレーン、王滬寧氏(左から2人目)

     中国の習近平国家主席は内憂外患の中で「北戴河(ほくたいが)会議」を迎えた。毎年8月前半、共産党指導部とOBが河北省の保養地、北戴河で開く非公開会合で、OBから批判が出ることもある。

     とくに今年は、10月の建国70周年をひかえている。習主席は内政外交で華々しい実績が欲しいが、米国との関税戦争は長期化し、経済成長率は28年ぶりの低さになった。習主席の腹心、劉鶴副首相らが早期妥結を急ぐと強硬派の「媚米」批判で振り出しにもどった。

     香港では6月、「逃亡犯条例」改正案が「香港の自治」を損なうとして大規模な抗議デモが起き、香港警察が弾圧に出たが、デモは長期化した。

    残り1034文字(全文1314文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット