週刊エコノミスト Online東奔政走

イラン包囲網狙う米の有志連合 日本に突きつけた「リトマス紙」=及川正也

    「イラン犯行説」を訴えるポンペオ米国務長官。米主導の有志連合は広がるか(Bloomberg)
    「イラン犯行説」を訴えるポンペオ米国務長官。米主導の有志連合は広がるか(Bloomberg)

     中東情勢がにわかにきな臭くなってきた。原油輸送の海上交通の要衝・ホルムズ海峡の安全を確保する目的で米国が軍事的な有志連合の結成を呼び掛けたからだ。

     有志連合の結成は7月9日、ポンペオ米国務長官、エスパー米国防長官代行、ダンフォード米統合参謀本部議長が協議して対応が決まった。会議後、ダンフォード議長は記者団に「航行の自由を確保するため有志連合を結成できないか、既に数カ国との調整に入っている」と明かし、今後数週間で参加国の全容を固めるという。基本的には米軍は上空からの監視や指揮統制などを担い、タンカーなど民間船舶の護衛を各関係国の軍が行うという想定のようだ。

     ホルムズ海峡では今年5~6月に計6隻の船舶が攻撃を受けた。日本の海運会社が運航するタンカーも攻撃さ…

    残り1744文字(全文2075文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット