週刊エコノミスト Online東奔政走

「4選」見えたが「改憲」遠く 参院選で抱えた首相のジレンマ=人羅格

    参院の改憲勢力が3分の2を割り、会見の道は険しさを増した(東京都千代田区で7月21日)
    参院の改憲勢力が3分の2を割り、会見の道は険しさを増した(東京都千代田区で7月21日)

     与野党どちらにも目立った追い風が吹かない中、自公が底堅く議席を積み上げた選挙だった。

     参院選は与党が改選過半数を上回る71議席を得て勝利した。一方で、参院で憲法改正発議に必要な3分の2以上の「改憲派」勢力は維持できなかった。

     投票率48・80%が冷めた選挙を象徴した。5割を切ったのは1995年、村山富市「自社さ」政権時代の44・52%以来だ。自民は「憲法改正」、野党は「老後資金」と掲げる争点をお互いが拒否し合ったため、有権者はポイントを絞りにくかった。

     そもそも政党が「熱量」を欠いた。自民も、野党第1党の立憲民主党も最初から「そこそこの勝利」を目指している様子が透けて見えていた。

    残り1731文字(全文2025文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット