国際・政治ワールドウオッチ

インド 水問題に新省設立=成田範道

    水問題は年々、深刻化している(Bloomberg)
    水問題は年々、深刻化している(Bloomberg)

     先の総選挙で圧勝して続投を決めたモディ首相は、第2期政権の発足にあたり、水問題を専門に管轄する「ジャル・シャクティ省」を新設した。ヒンディー語で「水の力」を意味するジャル・シャクティ省は、これまでバラバラに水問題に取り組んでいた水資源省、河川開発省、飲料水衛生省の3省を統合したもので、政府は同省を通じて、あらゆる水問題に取り組んでいくとしている。

     新省の設立は、水問題が早急な対処が必要であることの表れでもある。インドでは約1億6000万人が衛生的な飲料水へのアクセスを欠いているとされ、すでに水不足の国であるが、問題はますます悪化している。ここ数年は干ばつ被害が毎年のように起き、農民は貧困に追い込まれ、都市部では全住民に上水道が行き渡る前に地下水が枯渇し、水の確保に支障が出ている。さらに河川からの取水量の配分を巡る州同士の対立は、暴動に発展…

    残り145文字(全文520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット