経済・企業商社の稼ぎ方

豊田通商 電池原料増産を決定

    (注)最終損益は2017年3月期以降はIFRS、それ以降は日本基準 (出所)豊田通商資料とブルームバーグより編集部作成
    (注)最終損益は2017年3月期以降はIFRS、それ以降は日本基準 (出所)豊田通商資料とブルームバーグより編集部作成

     トヨタ自動車の関連会社であり、自動車事業は収益源の柱だ。2018年以降、その自動車の次世代化に対応した投融資が活発化した。代表例が、主に車載用電池原料となる炭酸リチウムの生産事業だ。豊田通商は14年から、豪州のリチウム資源開発会社「オロコブレ」と共にアルゼンチン・オラロス塩湖で炭酸リチウムを生産している。EV(電気自動車)の普及を見据えての事業だ。そのオロコブレとの提携を深めるために18年1月、260億円を出資することを決定した。

     さらに同11月には、生産設備を追加建設して、生産能力を年間1万7500トンから同4万2500トンに増やすことを決めた。

    残り279文字(全文557文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事