教養・歴史書評

『中国の金融経済を学ぶ 加速するモバイル決済と国際化する人民元』 評者・田代秀敏

    編著者 小原篤次(長崎県立大学准教授) 神宮健(野村総合研究所〈北京〉金融イノベーション研究部部長) 伊藤博(東京大学大学院学術研究員)  門闖(大阪産業大学教授) ミネルヴァ書房 3000円

    世界に類のない中国金融界 簡潔・明快に解説

     中国は金融超大国である。国内預金額は190兆元(約3000兆円)を超え、世界1位で日本の約4倍の水準である。中国の株式市場の時価総額は日本を抜き世界2位で、資金調達額は世界1位である。その上、アリババやテンセントなどのフィンテック(ファイナンステクノロジー)企業により、中国ではキャッシュレス経済が完成しつつある。

     文化大革命で銀行が完全廃止されて金融が消滅した状態から、改革開放後の40年間でここまで急速に発展した中国の金融経済は、極めて特殊であり、理解が困難である。

    残り885文字(全文1238文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事