教養・歴史書評

『待機児童対策 保育の充実と女性活躍の両立のために』 評者・小峰隆夫

    編著者 八田達夫(アジア成長研究所理事長) 日本評論社 2200円

    需給調整を困難にする既得権益構造を指摘、提言も

     女性の子育てと就業の両立を図ることは、少子化対策の中心的課題である。しかし、希望する保育所に入れない待機児童が発生しているということは、その中心的課題がうまく処理されていないことを示している。本書は、その待機児童が発生するメカニズムを探り、現実的な解決策を提案しようとするものだ。

     待機児童問題は優れて経済的な問題である。待機児童の存在は、保育サービスへの需要が供給を超過し、それ…

    残り893文字(全文1140文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月29日号

    ダマされない生命保険 基礎知識&選び方18 「前代未聞」のかんぽ生命 不正4パターンと自衛策 ■黒田 尚子/編集部22 ライフステージごとに必要保障額の見直しを ■編集部23 外貨建て保険 投資に不適な“高”手数料 運用するなら外債で十分 ■横川 由理25 円建て貯蓄型の販売休止 深まる低金利で運用 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット