教養・歴史書評

記録に記憶が影落とす 同時代史の面白さ=本村凌二

     昨年3月末、早大を定年退職した折、私の最終講義は「ネロ帝と裕次郎」。ローマの歴史家タキトゥスの少年時代はネロ帝の治世、私の青少年時代は戦後最大のスターといわれた石原裕次郎の全盛期だった。その歴史を語ることは同時代になるのだ。

     ローマ共和政末期の歴史家サルスティウスも『ユグルタ戦争 カティリーナの陰謀』(岩波文庫、1070円)で同時代史を描く。ごく近い過去をふくむ現代の事件を俎上(そじょう)にあげ、その原因と結果を分析する。そこには自分の生きる「現代史」を冷静に見つめる歴史意識がある。

    「ユグルタ戦争」は、前2世紀末、ローマの友好国ヌミディア王国の王位継承の内紛にローマが介入しておこっ…

    残り632文字(全文927文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット