教養・歴史書評

日韓共通テーマとしてのフェミニズム=永江朗

     雑誌『文藝』2019年秋季号(河出書房新社、1380円)が、文芸誌としては異例の売れ行きを見せている。7月5日発売の同号は発売から5日で重版を決定。この第2刷も予約のみでほぼ完売となって、同月12日には3刷を決定した。

     秋季号の特集は「韓国・フェミニズム・日本」である。この1年あまり、韓国現代文学の翻訳出版が続いている。音楽のK─POPに倣って、「K文学」などとも呼ばれる。クオン、白水社、晶文社、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)などが競うように韓国の小説を出版している。なかでも昨年12月に出たチョ・ナムジュの『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)は、刊行4カ月で13万部を突破するヒットと…

    残り451文字(全文751文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット