【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治独眼経眼

米長短金利逆転はうのみにできない=愛宕伸康

 米国では、短期金利が長期金利を上回ると1年後に景気後退が来ると言われている。このことは、次のように説明できる。

 米国では景気拡大が続くと、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを比較的きちんと行うため、短期金利がハイペースで上昇する。一方、長期金利は利上げによる景気減速を織り込んで短期金利より早く低下に転じるため、やがて長短金利は逆転する。その後、景気後退が見えてくるとFRBが利下げに転じ、短期金利が急速に低下する一方、長期金利は景気回復を加味して早めに上昇に転じるため、再び短期金利より長期金利の方が高いという正常な姿に戻る──。

 実際、今年3月22日に3カ月物金利が10年金利を上回り、景気後退懸念が強まることとなった。ニューヨーク連銀が10年金利と3カ月物金利から算出している景気後退確率も6月は32・9%と、統計的に1年後の景気後退が確実という閾値(しきいち)(29・7%)を超えた(図1)。こうした中、市場は利下げを催促し、FRBは7月に10年7カ月ぶりの利下げで応えようとしている(7月26日執筆時点)。米国の株価はそれ…

残り621文字(全文1089文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月20日号

日本経済総予測2023第1部16 GDP成長率はG7中トップ 「眠れる美女」の覚醒に期待 ■谷道 健太/和田 肇19 インタビュー 竹増貞信 ローソン社長 「売上高はコロナ前を回復 冷凍食品や総菜の比率が上昇」20 個人消費 サービス中心に回復続く ■永浜 利広21 古くて新しい消費 家計防衛でコメ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事