国際・政治ワールドウオッチ

インド 最高裁、人工妊娠中絶の合法化請求=中島敬二

    女児出生がさらに減るとの声もある(Bloomberg)
    女児出生がさらに減るとの声もある(Bloomberg)

     インドでは法律により妊娠中絶は「妊娠20週まで、あるいは妊娠20週以降は母体に生命の危険があるときのみ認める」(1971年制定)と、制限している。が、7月15日、最高裁は「出産の選択の権利は人のプライバシー、尊厳、自律、自己の身体保持、自己決定の根幹」と主張し、人工中絶の合法化を政府に求めた。

     インドでは女児の人工中絶が多い。出生性比は男1000人に対して女950人が平均だが、2017年は1000人対90…

    残り308文字(全文513文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット