週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 ブラインドスポッティング=芝山幹郎

    「ブラインドスポッティング」
    「ブラインドスポッティング」

    快調なペースと音感のよさ 不調和の部分も隠さずに描く

     快調なペースで話が進む。きびきびしていて、音感のよさが端々から感じられる。厄介な問題を扱いながら、重苦しくもたれたりしない。

    「ブラインドスポッティング」(2018)の魅力は、開巻早々に伝わる。監督は、メキシコ生まれのカルロス・ロペス・エストラーダ。舞台はカリフォルニア州オークランド。主人公は黒人と白人の若者ふたり。幼馴染の彼らは、ブルーカラーの街の空気を吸い込んで育った。スラング、暴力、犯罪もごく身近だ。

     それなら……と思う方は少なくないかもしれない。図太い若者が度胸を頼りに裏通りをのし歩き、世間の風に立ち向かっていく映画なのか、と。

    残り893文字(全文1190文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事