週刊エコノミスト Onlineアートな時間

クラシック マリインスキー歌劇場管弦楽団・合唱団 マリインスキー・オペラ=梅津時比古

芸術総監督・指揮のワレリー・ゲルギエフ
芸術総監督・指揮のワレリー・ゲルギエフ

チャイコフスキーの傑作オペラ 上演稀(まれ)な歴史劇と新演出の2本

 今年後半の音楽シーンの大きな話題は、11~12月に行われるワレリー・ゲルギエフ率いるロシア・マリインスキー歌劇場の来日公演だろう。交響曲や協奏曲なども含めたチャイコフスキー特集で、そのうちオペラの演目は「スペードの女王」(東京文化会館)と「マゼッパ」(コンサート形式、サントリーホール)。このほど東京で会見を開いたゲルギエフは、来日公演について熱を込めて語った。

「日本ではあまり知られていないだけに、マゼッパを紹介することに非常に重要な意義を感じている」とゲルギエフ。

残り928文字(全文1196文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事