週刊エコノミスト Onlineアートな時間

舞台 八月納涼歌舞伎 伽羅先代萩=小玉祥子

気丈さ、悲しみの両面出せるか 中村七之助が女形の大役に挑む

 歌舞伎女形屈指の大役である「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の政岡に、東京・歌舞伎座の「八月納涼歌舞伎」第一部で、中村七之助が坂東玉三郎の指導を受けて初挑戦する。

 江戸時代に仙台の伊達藩で起きた御家騒動に着想を得た作品で、「先代」は「仙台」にかけてある。上演されるのは、政岡が活躍する「御殿」と「床下」の2場面。

 奥州の大名、足利家の若君鶴千代は敵方の仁木弾正(にっきだんじょう)、八汐(やしお)らに命を狙われている。若君毒殺を恐れる乳母政岡は、「御殿」で自らご飯を炊き、息子の千松(せんまつ)と一緒に若君を守っていた。

残り881文字(全文1173文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事