週刊エコノミスト Online書評

『測りすぎ なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?』 評者・服部茂幸

    著者 ジェリー・Z・ミュラー(アメリカ・カトリック大学教授) 訳者 松本裕 みすず書房 3000円

    「成果の数値化」が陥る罠 成果主義が成果下げる逆説

     世界で「測定執着」という病が広がっている。それは、(1)数値化された測定基準を設定し、(2)個人・組織の成果をそれによって評価し、(3)成果に対し報酬と懲罰で報いるというものである。「プリンシパル=エージェント(利益のための労務を他に委任すること)」「ニュー・パブリック・マネジメント(民間の経営手法を公共サービスに取り入れる考え)」といった経済理論がこの病を促進させていることも本書が書く通りである。

     本書はビジネスの現場にいる人間が業務の改善のために数値データを使用することは否定しない。しかし、現場を知らない人間が画一的な基準を上から押しつけた時、特に成果の測定のために押しつけた時、測定基準は失敗すると主張する。

    残り830文字(全文1215文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事