週刊エコノミスト Online書評

「救い」や「信」を考えつつ読書する長梅雨の日々=楊逸

    ×月×日

     東京は長梅雨が続く。気が重いのは、じめじめした空気のほかに、夜な夜な、インターネットのライブ中継で、香港の「逃亡犯条例改正案」に抗議する大規模デモを見ているせいだ。

     民意、個人の権利、自由、民主制度とは何かについて、これほど真剣に考えたのは、30年前の北京で天安門事件を経験して以来かもしれない。

     独裁体制下、人権も財産権も命も尊重されないまま息を潜めながら生きる我々中国人。傷だらけの心が救われるすべはあるのか。

    残り1096文字(全文1308文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事