経済・企業深層真相

施工不良のレオパレス21 入居率急落で採算割れも

     アパート施工不良問題で5月に社長の深山英世氏=写真=が辞任に追い込まれたレオパレス21。その後の経営も厳しい状況が続いている。8月9日発表した2019年4~6月期の連結決算は最終損益が57億円の赤字だった。三井住友銀行など主力行側は、グアムのリゾートホテルの売却などの抜本的なリストラを促す構えだが、ブランドの毀損きそんは深刻だ。

     同社は全3万9085棟を対象に調査を開始。7月末時点で2万2139棟に不備が見つかった。10月末まで調査完了を目指すとしている。主力行関係者は、「秋までに抜本的な再建策を策定する必要があるだろう」と話す。

    残り276文字(全文545文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット