【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online独眼経眼

強気の米国株も本格調整はこれから=藻谷俊介

(注)季節調整値 (出所)経済協力開発機構(OECD)
(注)季節調整値 (出所)経済協力開発機構(OECD)

 トランプ米大統領が貿易戦争のギアを上げるたびに一旦は下落する米国株価だが、しばらくするとじわじわと上昇し、米国経済に対する根強い楽観論を示している。一方で米国の長期金利は低下傾向が続き、米国経済の調整と利下げ期待を示し続けている。

 この矛盾する動きを合理的に説明しようとして、過去数カ月、世界中のエコノミストが苦心している。そのうちの一つの楽観的な解釈が、金利は現状を示し、株価は未来を示している、すなわちしばらくすれば米国と世界経済は貿易戦争を乗り越えて底入れしてくる、という説である。確かに議論そのものはもっともなのだが、筆者は2017年以降の景気サイクルに関して、もう少し精緻な観察が必要なのではないかと考えている。

 図は、経済協力開発機構(OECD)先行指数のサイクル部分を表示したものである。先行指数といっても発表当初は先行性がほとんどないので、景気の現状を国際比較するのに便利な指数といった方がいい。統計からの機械的な算出値なのでOECDの組織的なビューは入っていないし、OECDの公的景気見通しとも一致するとは限らないが、それ故にある種の客観性がある点も有用である。

残り820文字(全文1311文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事