週刊エコノミスト Online独眼経眼

見えにくい米金利低下の副作用=渡辺浩志

     米中の関税報復合戦が再燃している。米国の株式は売られ、長期金利は低下しているが、これは前回、トランプ大統領が対中追加関税をほのめかした今年5月初旬とよく似た動きだ。

     前回の局面では、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が「予防的利下げ」を示唆することで米株価はようやく上昇基調に戻った。つまりトランプ大統領の対中政策は、金融市場に波乱を起こすことでFRBに利下げを強要する作戦とも捉えられる。

     今後、追加利下げが示唆されれば、米株価は上昇基調に戻りそうだが、長期金利は一段と低下しそうだ。そこ…

    残り834文字(全文1085文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット