週刊エコノミスト Online海外企業を買う

デニーズ 好調続く米ファミレス大手=岩田太郎/254

     デニーズは1953年創業の米ファミリーレストランチェーン大手である。2019年6月末現在、米国内の1565店、カナダ、米領プエルトリコ、メキシコ、フィリピンなどで137店を、直営とフランチャイズ・ライセンス契約の形態で運営している。

     セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン&アイ・フードシステムズが日本で展開する「デニーズ」は、73年にイトーヨーカ堂が米デニーズとライセンス契約を結んだが、84年に提携関係を解消し、現在は資本・業務関係はない。

     時価総額が19年8月現在で13億7600万ドル(約1458億円)の米デニーズの特徴は、お得感のある豊富なメニューによる売り上げ増の施策、直営店のフランチャイズ化、自社株買いによる株主価値の増大だ。株価は過去1年で約14ドルから23ドル近辺へと上昇し、値上がり率は60%を超えている。

    残り2496文字(全文2863文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事