週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド=勝田友巳

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

実際の猟奇事件を下敷きに タランティーノ節満載の最新作

 クエンティン・タランティーノ監督の新作を見ながら思い出したのは、フランスの巨匠、ジャン・リュック・ゴダール監督。いやもちろん、物語の内容も語り口も映像も、似ても似つかない。しかし、アタマの中にぎっしり詰まった映画史の記憶と知識を、縦横無尽に引用したりパロディーに仕立てたりするところ、映画へのあふれんばかりの愛情でそれがイヤミにもペダンチックにもならないところ、なんだか同じニオイがする。もっともタランティーノ映画からは、無邪気な子供のようにはしゃぐ監督の姿が見える気がするのだが。

 舞台は1969年のハリウッド。テレビの西部劇スターだったリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画に転身しようと苦戦中だ。そろそろ落ち目で若手相手の引き立て役ばかり、イタリアのマカロニウエスタンに誘われたりする。リックのスタントマン、クリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、撮影に同行するだけでなく、リックを励ましたりグチを聞いたりといつも一緒で仲がいい。一方、リックの邸宅の隣には、ロマン…

残り683文字(全文1152文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事