週刊エコノミスト Online注目の特集

スズキ、トヨタと資本提携 自動運転出遅れに頼れる後ろ盾 生き残りへ89歳会長の決断=河村靖史

    2016年に業務提携について記者会見したトヨタ自動車の豊田章男社長(左)と鈴木修会長だが、資本提携に踏み出した(Bloomberg)
    2016年に業務提携について記者会見したトヨタ自動車の豊田章男社長(左)と鈴木修会長だが、資本提携に踏み出した(Bloomberg)

     トヨタ自動車とスズキが8月28日に発表した資本提携。自動車業界が変革期を迎える中、自動運転技術などで大きく出遅れているスズキが「寄らば大樹」とばかりに、トヨタを後ろ盾に生き残る道筋をつけた。

     今回、トヨタはスズキが保有する自己株式を約960億円で取得し、4・94%を出資する。スズキも480億円相当のトヨタ株式を取得、相互出資することでスズキとしての独立性を確保する姿勢を示した。

     両社は2017年に包括提携することで合意し、トヨタのハイブリッド技術をスズキに供与することや、スズキが高いシェアを持つインドで電気自動車(EV)分野の協力をすることなどを決めていた。ここにきて両社が資本提携に踏み込むのは、将来に対する不安が高まっているためだ。

    残り884文字(全文1206文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事