週刊エコノミスト Online挑戦者2019

中西敦士 トリプル・ダブリュー・ジャパン代表 排尿タイミングを事前に予測

 尿意を認識しづらい高齢者や意思を伝えるのが難しい障害者向けに、排尿のタイミングを事前に知らせる装置「DFree(ディー・フリー)」を開発。自力でトイレに行けるよう支援し、介護の負担軽減も狙う。

(聞き手=岡田英・編集部)

 開発のきっかけは29歳のとき、経営を学びに留学していた米国の路上で漏らしてしまったことでした。起業のアイデアに考えを巡らす中、日本では大人用の紙おむつの出荷額が子ども用を逆転し、むしろ大人の方が漏らしているんだと気付いたんです。

 介護現場では排せつのケアが大変なことも知り、事前にタイミングを予測できないかと考えました。超音波検査でおなかの中の赤ちゃんの様子が分かるなら、排せつ予測にも活用できるはずと開発を始め、排尿を予測する装置として商品化したのが「DFree」です。「D」は英語のおむつ(diaper)の頭文字で、「おむつからの解放」という意味があります。

残り1293文字(全文1685文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事