週刊エコノミスト Online挑戦者2019

藤原謙 ウミトロンCEO データで養殖魚の餌やり効率化

     いけすを泳ぐ魚の映像解析や人工衛星から得られるデータを基に、最適な分量・タイミングで自動給餌するシステム「ウミトロンセル」を開発。養殖業者の悩みの種だった餌代を減らし、成長をサポートする。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長、構成=岡田英・編集部)

     養殖魚の餌となる魚粉の価格が高騰しています。天然の漁獲量が頭打ちになる中で世界の養殖業が伸び、餌の需要が高まっているためです。日本の養殖業では餌代が生産コストの半分以上を占め、主要な養殖魚のマダイやブリでは6~7割にも達し、経営を圧迫。餌やりは養殖業の最重要課題です。

     どのタイミングで、どれくらいの量の餌をやるのが最も効率的か。いけすに入れたカメラで魚が餌を食べる様子を画像解析したり、人工衛星を使って海水温やプランクトン分布を分析したりし、「最適」な餌やりができるのがスマート給餌機「ウミトロンセル」です。

    残り1310文字(全文1688文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事