週刊エコノミスト Online挑戦者2019

田中勇樹 タベルテクノロジーズCEO 近くの飲食店がお得な「社食」

    撮影 武市公孝
    撮影 武市公孝

     近隣のさまざまなジャンルの飲食店を社員食堂として利用できるサービスを開始し、従業員の福利厚生として利用する企業が増えている。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長/下桐実雅子・編集部)

     契約企業が、周辺の飲食店を社員食堂として利用できる「green(グリーン)」という事業を行っています。企業の従業員は専用アプリで飲食店を選び、お店で食べたいメニューを注文、会計時にアプリを提示すると割引価格で食べられます。今は現金払いですが、キャッシュレス化を考えています。

     企業はあらかじめ、従業員1人当たりの月の利用回数、1食当たりの補助額を決めます。東京・渋谷だけで2…

    残り1285文字(全文1562文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット