週刊エコノミスト Online挑戦者2019

安井佑 やまと診療所院長 「自宅でみとる」医療の要は人作り

    撮影 武市公孝
    撮影 武市公孝

     来る多死社会、特に高齢者が激増する首都圏で、自分らしい最期をかなえる医療モデルを目指す。

    (聞き手=黒崎亜弓・ジャーナリスト)

     在宅医療で有名な医師たちは、患者のSOSに24時間365日対応するスーパードクターです。素晴らしいですが、後進が続きません。

     僕は、インフラとしての医療をどう良いものに変えていくかに関心があります。自宅で自分らしい最期を迎えられる世の中にするために、質の高い医療を広く提供したい。質と量を担保するには、医師だけに頼るのではなく、患者や家族の思いをくみ取る役割を担う人作りが必要だと考えました。それが在宅医療PA(Phisician Assistant)です。

     やまと診療所では、医師1人とPA2人がチームになって患者宅を回ります。PAは医師の補佐として診療器…

    残り1230文字(全文1573文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット