週刊エコノミスト Online挑戦者2019

中島徳至 グローバルモビリティサービス社長執行役員/CEO 車を持てない人にローン革命

    中島徳至 グローバルモビリティサービス社長執行役員/CEO (撮影=武市公孝)
    中島徳至 グローバルモビリティサービス社長執行役員/CEO (撮影=武市公孝)

     ローンを組めず車の購入を諦める人たちに独自の金融サービスを提供し、低所得者層の生活レベルの向上につながっている。

    (聞き手=浜條元保/下桐実雅子・編集部)

     仕事のために車を購入したいと思っても、ローンを使えない人が世界で17億人いると言われています。フィリピン、インドネシア、カンボジア、日本の4カ国で、こうした人たちにローンの与信審査をせずに貸し出す金融サービスを行っています。

     車を持つことでタクシーの運転手や物流の仕事に就ければ、そこからの収入でローンを返済できます。携帯電話料金を延滞したというような過去の信用力は問いません。代わりに、きちんと出勤しているか、安全運転しているか、といった本人の働きぶりを示すデータを、車に取り付けた独自開発の遠隔起動制御装置を通じて蓄積します。これらを解析し、信用力として数値化します。彼らの頑張りを僕らが目に見える信用力に替えるのです。…

    残り1209文字(全文1599文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット