国際・政治ワールドウオッチ

ウズベキスタン 「映える」観光の振興策続々=高橋淳

    世界遺産にも登録された都市ヒバなどが観光地として人気だ(JETRO提供)
    世界遺産にも登録された都市ヒバなどが観光地として人気だ(JETRO提供)

     ウズベキスタンの観光業界が元気だ。ウズベキスタンには北部ヒバの「イチャン・カラ」と呼ばれる城壁で囲まれた旧市街や、東西の「文化交差路」となった古都サマルカンドなど四つの世界文化遺産があり、「インスタ映え」する壮麗なイスラム建築が建ち並ぶ風景などが観光客の人気を集めている。

     2018年の観光客数は540万人となり、前年から倍増した。政府は22年に1000万人まで引き上げる目標を掲げ、チャーター便への補助金支給、飲…

    残り312文字(全文520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事