国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 泥沼劇が終幕 メト新時代へ=伊熊啓輔

    メトの愛称で親しまれているメトロポリタン歌劇場(筆者撮影)
    メトの愛称で親しまれているメトロポリタン歌劇場(筆者撮影)

     ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(メト)と、歌劇場の前名誉音楽監督ジェームス・レヴァイン氏の間で1年以上争われていた訴訟は8月、裁判に至らず和解した。

     レヴァイン氏は1970年代から40年間にわたってメトを率い世界屈指のオペラハウスに育てた巨匠で、2016年に健康上の理由で引退した。引退後は、名誉音楽監督という地位で10年間の契約を結んでいたが、過去に若い男性音楽家に性的な虐待やセクハラ行為を…

    残り301文字(全文501文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット