国際・政治ワールドウオッチ

インド 街灯が語るグルガオンの急発展=中島敬二

    建設ラッシュでインフラ設置が間に合わないグルガオン市内(筆者撮影)
    建設ラッシュでインフラ設置が間に合わないグルガオン市内(筆者撮影)

     デリー市に隣接するハリヤナ州・グルガオン市当局は今年8月20日、住宅集積地7カ所に1万1700個ものLED(発光ダイオード)街灯の設置を決定した。

     商業集積地の中心街にはすでに6万4000個のLED街灯が設置されている。が、今回は住宅集積地の街灯は少ないため夜道が暗く不安だとの住民の声を受けての策だが、都市発展のスピードにインフラが追いついていないのが浮き彫りとなっている。

     グルガオンは1970年代まではさびれた一農村だった。しかし、83年に自動車メーカー、マルチ・スズキ…

    残り279文字(全文518文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット