国際・政治ワールドウオッチ

イギリス カーニバルで警察の権限強化=竹鼻智

     ロンドン西部のノッティングヒルで毎年夏に開催される「ノッティングヒル・カーニバル」。カリブ系移民が、祖国の音楽と食文化を楽しむイベントとして始まり、2日間で100万人以上が訪れる欧州最大規模のストリートパーティーだ。今年は8月25、26日に開催されたが、大きな話題を呼んだのはイベント開催地区での警察の権限強化についてだった。

     このイベントで毎年多くの薬物・暴力事件が発生していたことを受け、ロンドン市警は今年、警備を担当した1万人以上の警察官に対して特例権限を付与。「怪しい」と見られる者に対して所持品検査を行い、従わない場合に逮捕できるように権限を強化した。これにより、イベント開催期間中に353人が逮捕される事態となった。

    残り189文字(全文504文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事