国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

豪捜査線に習氏のいとこ 中豪「スパイ」摘発合戦=金子秀敏

    習氏のいとこが巨額資金を賭けたと報道されたカジノ(Bloomberg) 
    習氏のいとこが巨額資金を賭けたと報道されたカジノ(Bloomberg) 

     米紙『ウォールストリート・ジャーナル』の北京支局で勤務していたシンガポール籍の記者が8月末、中国を去った。中国外務省が「悪意ある報道をした」と記者ビザの延長申請を却下したためだ。

    「悪意ある記事」とは、習近平国家主席の母方のいとこである斉明(チャイミン)氏が移住先のオーストラリアのカジノで巨額の賭け金を動かし、資金洗浄に関わった疑いがあるなどとして、オーストラリア情報当局が捜査しているというものだ。

    「反腐敗闘争」で政敵を倒して権力を確立した習主席にとって、身内のスキャンダルは痛手だ。「悪意ある記事」という非難は、偽ニュースではないということだ。

    残り1014文字(全文1289文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット