国際・政治ワールドウオッチ

韓国 所得主導成長から革新成長へ=嚴在漢

    ロボットのAIや5G通信などの革新技術に大きな予算を投入する(Bloomberg)
    ロボットのAIや5G通信などの革新技術に大きな予算を投入する(Bloomberg)

     韓国政府は、ビッグデータやAI(人工知能)、5G通信などの分野への予算増額を骨子とする、「革新成長のロードマップ」を打ち出した。

     これによって2020年度は、該当分野に4・7兆ウォン(約4145億円)の国家予算が投入され、ビッグデータ、AI、5G、水素経済分野に1・7兆ウォン、非メモリー、バイオヘルス、未来自動車など3大新産業分野に3兆ウォンを割り当てる。

     政府は産業エコシステムの革新を呼び起こすために、ビッグデータ3法(個人情報保護法、情報通信網法、信用情報法)を改正。AI分野においては4大有望サービス・ロボット分野(介護、医療、物流、ウエアラブル)と3大製造業分野(食料、飲料、繊維)で利用される製造ロボットで、AIの適用と育成を行う。また、ロボットに搭載する減速機やサブモーターなど5大中核部品と人間とロボットの交感ソフトウエアも独自開発ができる…

    残り165文字(全文545文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット