国際・政治ワールドウオッチ

アフリカ TICAD報道の違和感=小泉大士

    「中国が立ちはだかる」のは本当か
    「中国が立ちはだかる」のは本当か

     3年ぶりにアフリカ開発会議(TICAD)が開催された。市場規模と将来性に焦点を当てる報道が目立ったが、違和感を覚えるものもあった。たとえば、中国の取り上げ方だ。

     NHKのニュースは、「日本が進出するうえで立ちはだかるのが中国」と説明した。しかし、対アフリカ直接投資残高が最も多いのはフランス。オランダ、米、英が続き、中国は5位。中国の存在感は増しているが、突出しているわけではない。日本はトップ10にも入っていない。

     前回会議で安倍晋三首相が表明した官民総額300億ドル(約3・1兆円)の投資についても、外務省は「ほぼ達成」とした。昨年10月時点では約160億ドルにとどまっていた。いつの間に増えたのかと思えば、集計方法が変更されていた。アフリカに送られた額から投資先の売却益などを差し引くのではなく、送られた額だけを集計したのだという。従来の計算では208億ドルとなり、政府の旗振りによって民間投資が急増したわけで…

    残り122文字(全文531文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット