教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

今、なぜ哲学が注目されているのですか?/1

     ビジネス書はもとより雑誌やテレビでも、哲学に注目が集まっています。私がNHK「Eテレ」で「世界の哲学者に人生相談」という番組の製作、出演に携わっていることからも分かるように、今や哲学が地上波でレギュラー番組になる時代なのです。

     また、ビジネスの現場でも、哲学的思考を学ぶ研修を行ったり、哲学者にアドバイスを求めたりする時代です。なぜ、哲学にこれほどの注目が集まっているのか?

     理由は大きく分けて二つあると思います。一つは、時代の行き詰まりです。これまでいろいろな知のツールが試されてきましたが、もう小手先のテクニックでは対応できないほど、日本社会は八方ふさがりに陥っているのです。あるいは、お手本のない時代にあって、個人も企業もそして社会も、物事をゼロから問い直す必要に迫られているといってもいいでしょう。

    残り938文字(全文1292文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット