週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 パリに見出されたピアニスト 才能を見出された貧しき青年 王道かつ新たな音楽映画の誕生=野島孝一

    『パリに見出されたピアニスト』©︎Recifilms – TF1 Droits Audiovisuels – Everest Films – France 2 Cinema – Nexus Factory – Umedia 2018
    『パリに見出されたピアニスト』©︎Recifilms – TF1 Droits Audiovisuels – Everest Films – France 2 Cinema – Nexus Factory – Umedia 2018

     たまにNHK BS放送で「駅ピアノ」という短いドキュメンタリー番組を見ることがある。ヨーロッパ各地の駅や空港にはピアノが置いてあり、だれでも自由に弾くことができる。弾く人はたいてい素人のいたずら程度だが、たまにはプロや音大生が弾くことがあって、周りには黒山の人だかりができる。この映画には、そんな光景を見た監督の思いが結実した。

     パリ郊外の団地に住む青年マチュー(ジュール・ベンシェトリ)は、貧しい家庭で育った。住環境も最悪で、仲間たちはさまざまな悪に手を染めている。マチューもその環境から逃れられないが、子どものときに近所の老人から教わったピアノだけが心の支えになっている。

    残り854文字(全文1143文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット