週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

大統領選の民主党候補 知事出身者は全員脱落=古本陽荘

    変わる顔ぶれ(Bloomberg)
    変わる顔ぶれ(Bloomberg)

     翌年の米大統領選について米国人が本当に関心を持って候補者に注目し始めるのは「夏休みが終わって秋になってから」という説をしばしば耳にする。秋になって最初の民主党の大統領候補のテレビ討論会が9月12日に開催された。出席したのは、民主党が定めた支持率や献金者数の基準を満たした10人だけで、二十数人いた候補が事実上、絞られた。

     特異なのは、その10人の中に州知事や州知事経験者が一人もいないことだ。これまで州知事は上院議員と並び、大統領の有力候補とみられてきた。近年では、カーター(民主党、ジョージア州)、レーガン(共和党、カリフォルニア州)、クリントン(民主党、アーカンソー州)、子ブッシュ(共和党、テキサス州)の各氏が知事経験者だ。

    残り995文字(全文1311文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット