テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

アップルの新製品開発が促すディスプレーの進化=津村明宏/35

    アップルが発表した新型iPhone。今回はカメラ3眼化に注目が集まった(アップル提供)
    アップルが発表した新型iPhone。今回はカメラ3眼化に注目が集まった(アップル提供)

     米アップルは9月10日、スマートフォン「iPhone」やスマートウオッチ「アップルウオッチ」の2019年新モデルを発表した。iPhoneの19年モデルは「前モデルのマイナーチェンジにとどまる」とうわさされていたとおり、初の3眼カメラを搭載したものの、前モデルと同様に有機ELディスプレー搭載モデルが2機種、液晶ディスプレー搭載モデルが1機種と、ディスプレーに関しては前モデルのラインアップを踏襲した。大規模なアップデートは20年モデルで実施されるとみられており、第5世代通信規格(5G)への対応などが図られると予想されている。

     iPhoneは年間で約2億台が売れる。スマホ出荷台数の低迷や買い替えサイクルの長期化などで、新モデルの発表はかつてほど注目を集めなくなりつつある。とはいえ単一機種として「世界で最も台数が出る電子機器」であることに変わりはなく、半導体や電子部品のメーカーにとって、iPhoneへの供給が魅力的であることは言うまでもない。

    残り3014文字(全文3438文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事