テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

有機系太陽電池の普及が始まる IoT市場へ日本メーカー参入=松永新吾/36

    (出所)各種資料を基に筆者作成
    (出所)各種資料を基に筆者作成

     太陽電池(PV)にはさまざまな種類があるが、現在の主流は結晶シリコン太陽電池である。2017年には100ギガワット(1ギガワットは100万キロワット)以上の太陽電池モジュールが生産された(国際エネルギー機関調べ)が、その大半が結晶シリコンである。

     一方で、次世代の太陽電池として、色素やポリマー、電解液、炭素材料といった有機材料を用いた「有機系太陽電池」の開発が進んでいる。安価な樹脂基板に印刷プロセスで成膜でき、真空装置のような高価な製造装置が不要なことから、安価な太陽電池として普及が期待されている。大きくは「色素増感太陽電池(DSC)」と「有機薄膜太陽電池(OPV)」に分類される。最近では有機無機ハイブリッドの「ペロブスカイト太陽電池(PSC)」も世界中で開発が加速している。

    残り2925文字(全文3268文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事