テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

SiCウエハーの需要が拡大 新規参入も増加し競争が激化=津村明宏/37

    SiCウエハーの6インチ化が半導体メーカの量産意欲に火をつけた。写真は昭和電工の6インチエピウエハー(昭和電工提供)
    SiCウエハーの6インチ化が半導体メーカの量産意欲に火をつけた。写真は昭和電工の6インチエピウエハー(昭和電工提供)

     メモリーやロジック(論理回路)など数多くの種類がある半導体の中でも、電力の供給・制御を行う半導体を「パワー半導体」と呼ぶ。現在、パワー半導体の大半がシリコンを基材にして作られているが、今後大きく生産量が増えそうなのが、SiC(シリコンカーバイド=炭化ケイ素)を基材に用いた「SiCパワー半導体」である。

     SiCはシリコンと炭素の化合物であり、シリコンよりも電力損失が少なく、200度以上の高温でも動作し、高い電圧をかけても壊れないという特徴を持つ。SiCを基材に使えば、発電した電気の送電ロスを少なくしたり、シリコンパワー半導体よりも少ない電力で新幹線や電車、電気自動車を動かしたりでき、バッテリーの消耗を少なくできる。近年、直径6インチ(150ミリメートル)のSiCウエハーが量産供給されるようになっ…

    残り2998文字(全文3350文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット