週刊エコノミスト Online独眼経眼

低迷が続く家計の可処分所得=斎藤太郎

     8月9日に内閣府から2019年1~3月期までの家計可処分所得・家計貯蓄率四半期別速報が参考系列として公表された。

     これまで国民経済計算(GDP統計)の家計貯蓄率は年次推計(直近は17年度)でしか公表されていなかった。このため、直近の家計消費の動向を分析する際に重要な情報が不足していた。月次指標としては、「家計調査」の貯蓄率(=黒字率)が総務省統計局から公表されている。しかし、対象が2人以上の勤労者世帯と無職世帯に限られること、持ち家の帰属家賃が消費支出に含まれておらず貯蓄の概念が国民経済計算と異なることなどから、必ずしもマクロベースの家計貯蓄率を正確に捉えていない。

     実際、国民経済計算の家計貯蓄率と家計調査の貯蓄率は水準が大きく乖離(かいり)しているうえ、その動き…

    残り713文字(全文1050文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット