教養・歴史書評

今回は明るい話題! 新レーベルに創刊、復刊=永江朗

     このところ休刊や閉店、倒産など暗い話題が多かった出版界、ひさびさに新レーベルや新雑誌の創刊、そして雑誌復刊が続いている。

     9月10日、早川書房から「ハヤカワ時代ミステリ文庫」が創刊された。書き下ろしの時代小説文庫はすでに多数のレーベルがあり、飽和状態にあるのではという声もあるが、早川書房の同レーベルはひと味違う。「時代ミステリ」というネーミングの通り、時代小説に欧米のミステリーの要素を加味した作品なのだ。

     たとえば配本第1弾、稲葉博一『影がゆく』はジャック・ヒギンズの『鷲は舞い降りた』へのオマージュ。ヒギンズ作品はドイツ軍落下傘部隊がイギリスに降下して敵陣内を通過するという、第二次世界大戦を題材にした冒険小説。稲葉は戦国時代を舞台に忍者たちの活躍を描く。

    残り572文字(全文904文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事