週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 ジョーカー バットマン無き世界の荒廃 アメコミ映画はここまできた=勝田友巳

    (c)2019 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved TM&(c)DC Comics
    (c)2019 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved TM&(c)DC Comics

    ジョーカーは、アメリカンコミックの人気ヒーロー、バットマンの宿敵だ。白塗りピエロの化粧に耳まで裂けた口の不気味な笑顔を張り付け、冷酷非情な犯罪でゴッサムシティの市民を脅かす。そのジョーカーの誕生を描く、前日譚(たん)である。ただし、彼を倒すバットマンは登場しない。悪と戦うカタルシスとは無縁、ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した、異色のアメコミ映画だ。

     芸人のタマゴのアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、雇われピエロとして派遣先で人々を笑わせるのが今の仕事。しかし内気で要領が悪く、順調とはいいがたい。閉店セールの看板を若者に奪われ乱暴されたのに、ボスから弁償しろ、給料から天引きと言い渡される情けなさ。2人暮らしの母親の世話をする優しい心の持ち主だが、突然笑い出す病気もあって精神的にも不安定だ。

    残り776文字(全文1136文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット