週刊エコノミスト Onlineアートな時間

美術 塩田千春展:魂がふるえる もつれ合い、絡み合う糸 広大無辺な世界、普遍的な問いへ=石川健次

    <不確かな旅> 2016/2019年 鉄枠、赤毛糸 サイズ可変 Courtesy:BlainlSouthern,London/Berlin/New York 撮影:Sunhi Mang 画像提供:森美術館
    <不確かな旅> 2016/2019年 鉄枠、赤毛糸 サイズ可変 Courtesy:BlainlSouthern,London/Berlin/New York 撮影:Sunhi Mang 画像提供:森美術館

    フレームだけの舟から無数の赤い糸がもつれ合い、絡み合いながらつながり、広がっている。図版の作品だ。展示空間全体を作品化するインスタレーションと呼ばれる手法の作品である。赤い糸に“運命の赤い糸”を思いつつ、そのようなロマンティックな香りと無縁にも思う。はかなげな舟に、例えば小舟を頼りに海を渡る難民を思いつつ、よそごとと突き放せない、すでに私も抱えていることのようにも思う。

     1972年大阪生まれで現在はベルリンを拠点に国際的に活躍を続ける塩田千春に本展は迫る。大規模なインスタレーションをはじめ、立体作品や映像、写真、舞台美術など多彩な作品に取り組む塩田の「25年にわたる作家活動の全貌を網羅的に紹介する初めての機会」(図録から)だ。

    残り846文字(全文1163文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット