週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

海外ルーツ生徒の教育充実を=島村玲雄

    (出所)文部科学省「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査」2007年度、16年度版より筆者作成
    (出所)文部科学省「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査」2007年度、16年度版より筆者作成

    自治体への財源保障は必須

     近年、観光客としてだけでなく労働者としての外国人の流入が増加し、日本社会も多くの外国人が生活する社会への変化が求められている。2019年4月から新たに特定技能を持つ外国人の在留資格が創設され、人口減少の進む日本は今後外国人労働者の一層の流入が予想される。

     法務省によれば、外国人労働者の流入は11年の東日本大震災で一時的に減少したものの、それ以降は一貫して増加傾向にあり、18年末時点の在留外国人数は約273万人で過去最高となった。技能実習制度など外国人労働者の受け入れ環境に注目が集まる一方、同じく増加している海外にルーツを持つ児童生徒の教育環境においては多くの課題を残している。所得再分配、グローバル人材の育成、機会の平等において、教育が重要であることは言うまでもないが、望ましい教育にはそれを支える財政構造も必要である。

    残り2195文字(全文2571文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット