週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

“女性活躍”阻む幼保無償化=石田潤一郎

    急ぐべきは保育士の待遇改善

     今年6月の総務省の労働力調査で、女性の就業者数が初めて3000万人を超えた(図)。家電や外食産業の発達により、家事労働の負担は確実に減っており、この傾向は今後も続くだろう。

     しかし、女性の就業形態を見ると、その多くは非正規雇用で、主たる稼ぎ手である夫をサポートするという位置づけに大きな変化はない。また、経済や政治の領域でリーダー的ポジションにいる女性の数も依然として少ないのが現状だ。

     何が女性の社会進出を阻んでいるのか。問題のカギを握るのは、労働者と企業のマッチングが起こる労働市場…

    残り1958文字(全文2215文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット